漫画とアニメの感想書くよ!

読んだ漫画、見たアニメの感想を書いています。

読んだ漫画、見たアニメの感想を書いています。

ひるなかの流星 2巻 感想とあらすじ

スポンサーリンク

ひるなかの流星」の2巻を読みました。
1巻と比べて、グッと面白くなってきました。


ひるなかの流星(2) [ やまもり三香 ]
楽天
ひるなかの流星 2 (マーガレットコミックス)Amazon

以下ネタバレするかもしれないのでご注意ください。

感想とあらすじ

まずは一泊二日の親睦会の話から始まります。
獅子尾先生への気持ちに気づいたちゅんちゅんですが、なかなか素直になれません。 馬村には素直になれるのに・・・

獅子尾もどうやらすずめのことが好きなようです(無自覚ですが)
寝ているすずめの髪をなでたりしています。

そしてある日の勉強会にて
すずめは馬村の「女子に免疫がない」という秘密をばらします。 その帰り、すずめは馬村に殴られるのかと思いきや、不意をついてほっぺにキスされます。 すずめは悩みますが、馬村が自分のことが好きなんだと理解します。 キャパシティーを超えたすずめはチャラ尾先生の姿を探します。 獅子尾先生は先生っぽかったりそうじゃなかったり、よくわかりません。

そして獅子尾先生の元カノ登場 「五月」と名前で呼びかけます。 いろいろ苦しくなったすずめは逃げ出します。 後日、保健室で寝ている獅子尾のところに届け物をしにいったすずめ。 寝ていると思って「すき」といいます。 しかし本当は起きていた獅子尾さん。 いいところで3巻へ持ち越しです。

どうなってしまうんでしょうか? 2巻はなかなか面白かったです。 主人公にだけデレる馬村に萌えます。 獅子尾先生はかなりチャラ尾先生でした。 あとは獅子尾先生が自分の気持ちを自覚するかどうかですね。 自覚しても教師と生徒の壁があるわけで・・・

3巻も後日読みたいと思います。

Sponsored Link
 

(追記)3巻の感想も書きました!