漫画とアニメの感想書くよ!

読んだ漫画、見たアニメの感想を書いています。

読んだ漫画、見たアニメの感想を書いています。

僕だけがいない街 最終8巻の感想とあらすじ 悟と八代の対決の行方は如何に!? 完結!

スポンサーリンク

アニメの放送も終わり、ついに漫画版も完結しました!
僕だけがいない街最終8巻を読みました。
悟と八代の対決の行方は如何に!?

 


僕だけがいない街(8)【電子書籍】[ 三部 けい ]

僕だけがいない街(8)<僕だけがいない街> (角川コミックス・エース)

あらすじ(ネタバレ注意)

ここから簡単にあらすじを書いていきます。
感想だけを見たい方は下の方へどうぞ。

これまでのあらすじはこちら 

さざんかの集い

悟とくみちゃんは、西園が主催したイベント「さざんかの集い」の会場に着きます。
そこでは謎解きをしつつスタンプラリーができるようになっていました。

悟は全く無策で西園(八代)と対決するつもりではありません。
実は記憶が戻っていた悟。事前にケンヤに八代が犯人だと告げ、相談していました。
そして、ケンヤは悟と話す前から八代に目星をつけていました。 澤田さんにも協力してもらい、八代の罠を無効化する算段を練ります

対する八代も着々と準備を進めます。 物騒な道具をひっそりと会場に運び込みます。
そして、悟の母「佐知子」の携帯を使って久美を呼び出す八代
しかし、すでに澤田さんが到着し、八代の物騒な道具は無効化されていました。

まずはひとつ切り抜けた悟たち。
八代は、悟が妨害していることに気づき、むしろ「期待通り」と喜びます。
こわ・・・。

八代の2個目のトラップ

久美ちゃんは集合時間の19:15になっても集合場所に現れませんでした。
焦る悟と賢也。

冷静に違和感を探す悟。お母さんにも違和感がないか尋ねます。 すると、リュックに入れていた水筒がないということに気づきます。

八代がかつて、美里の飲み物に下剤を入れたことを思い出した悟。 悟は、水筒に薬物を仕込んで殺されたのではと考え、焦ります。 実は八代は久美ちゃんの予定表に手を加え、集合時間と場所を書き換えていました。

気づかずに集合場所の小屋にやってきてしまった久美ちゃん。そこには、「ボート小屋に箱を運ぶように」というメッセージがありました。ボート小屋には、「カメ岩の近くで待ってる」という意味のメッセージとともに「飲んでいいよ」と悟の水筒が置いてありました。 まんまと中身を飲んでしまった久美ちゃん

じっくり状況を考えた悟。 美里を守ろうとしていた時に八代がやっていた行動に近いということに気づきます。 そして、「目標(ターゲット)」は自分だったと気づきます。 八代は「カメ岩」が見渡せる吊り橋にいるに違いないと思った悟は、吊り橋に向かいます。

八代と悟の最終決戦

悟が吊り橋に着くと、八代が灯油缶を手に持ち、悟を仕留める準備をしていました。 17年前のあの日と同じように、何も隠さずに会話する二人。 八代は悟がこんなに早く吊り橋にたどり着くことは想定していませんでした。

一体どうやったんだ」と尋ねる八代。 八代は、悟の記憶が戻った状態で殺したい、と思っていました。 そうじゃないと「殺す意義」がないそうです。なにそれこわい。

悟は、どうして八代の思考を先読みできたのか種明かしをします。
僕の小学5年生は3度あった
そして・・・今は二度目の2005年だ

八代は悟を殺し、一緒に死のうとします。 ガソリンが引火し、火に包まれる二人。 しかし、悟は火事場の馬鹿力で八代を抱え、吊り橋から池に飛び込みます。 待ち構えていたケンヤと澤田さんに救助される二人。 久美ちゃんも無事に悟のお母さんが救助していました。 ついに八代は逮捕されました。

八代の結末と悟の結末

八代はこれまでに30以上の殺人を犯していたようです。
八代は裁判で死刑が確定しました。

悟は売れっ子マンガ家になりました。 アシスタントを何人も抱え、アニメ化もされました。

僕だけがいない街
そこに刻まれた時間こそ僕の宝物だ

散歩中に橋の下に差し掛かった悟。
雪が降ってきて、誰かが雪宿りに走りこんできます。
「一緒に雪宿りしてもいいですか」と尋ねるその人は「愛梨」でした。
新雪の上に綺麗に並んだ2人分の足跡
綺麗なラストシーンでした。

感想

たくさんの伏線が張り巡らせてあって、とっても読み応えがありました。
3回くらい読まないと、どこがどう関連していたのかわかりません。

アニメ版とはまったく違う終わり方になっていました。
個人的には漫画版の終わり方のほうが好きです。

八代がちゃんと捕まってくれてよかったです。 罪を償うこともなく、死んでいってしまったりしなくて本当によかったですね。

ちょっと残念だったのは、雛月がまったく出てこないことです。 もちろん回想でちょっと写り込んでることはありますけど。 結構重要な人物だったと思うので最後にちょっと出番がほしかったなんて思ったり。

最後に「僕だけがいない街」の意味?が説明されたのでスッキリしました。 悟が昏睡状態になっていた15年間が「僕だけがいない街」だったようです。

自分の命が危うくなっても、大事な人を助けるために行動する悟の男気
かっこいいですね。見習いたいです。

というわけでついに完結してしまったわけですが、6月4日発売のヤングエース7月号から「僕だけがいない街 外伝(仮)」がスタートするようです。本編では描けなかったもう一つの「僕街」が見られるようです。こちらも楽しみ!

アニメのブルーレイ下巻は2016年6月22日発売予定です。

真犯人逮捕の「その後」を描いたスピンオフ小説も発売中です。
僕だけがいない街 Another Record [ 三部けい ]

僕だけがいない街 Another Record

そして、実写映画も公開中です。
こちらもどんなラストになっているのか非常に気になります。


スポンサーリンク