漫画とアニメの感想書くよ!

読んだ漫画、見たアニメの感想を書いています。

読んだ漫画、見たアニメの感想を書いています。

アイアムアヒーロー 19巻の感想とあらすじ 漁船で東京へ・・・そして比呂美は!?

スポンサーリンク

4月23日に映画が公開される「アイアムアヒーロー
大泉洋さんが英雄役なんですが、なかなかハマリ役ですw
ついに原作の最新19巻が発売されたので読みました。
この巻でも新しい情報がたくさん出てきました。衝撃のラスト!!!

2016/4/21追記 最新20巻の感想を追加しました!こちらからどうぞ



アイアムアヒーロー(19) [ 花沢健吾 ]
←楽天
アイアムアヒーロー(19) (ビッグコミックス)←Amazon

あらすじ(ネタバレ注意)

以下簡単にあらすじを書いています。 感想だけ読みたい方は下のほうへどうぞ。

これまでのあらすじ

噛まれることによってゾンビ(ZQN)化する現象が世界中に拡大し、正気を保っている人間はごくわずかの世界。
主人公「鈴木英雄(すずきひでお)」は、売れない漫画家として生活していたが、ゾンビ化現象で世界は一変。
ショットガンでZQNを撃退しながら生き残り、同じく生き残っている女子高生「早狩比呂美(はやかりひろみ)」と共に東京を目指して逃走中。
18巻の巻末では、助けに来た?釣り船に飛び乗りました。

 
18巻の感想とあらすじはこちら

tekitounakansou.hateblo.jp

 

ZQNの集合体しかいなくなったスペイン

217話は、顔と足だけになったZQNなのか人間なのかわからない「謎の存在」が、バルセロナの街を歩き回りながら思考を巡らしている話です。

サグラダファミリアを覆うようにZQNの集合体が形成しています。
中に入ると、ZQNの「子宮」があり、生命が生まれては消滅を繰り返す、謎の光景が広がっていました。

その中で、見た目は人間のような「謎の男」と会います。上半身はスーツを着ていますが、下半身は裸のようです。ZQNの行動の動機を知る鍵を握る人物のようです。
ZQNの目的について、男は「生と死の輪廻からの離脱」と呟きます。

漁師に助けられた英雄と比呂美

英雄たちが飛び乗った漁船には、漁師のおじさんが一人乗っていました。
その漁船で、一緒に逃げることになります。

比呂美は「東京まで連れて行って欲しい」と漁師のおじさんにたのみます。
交換条件としておじさんは、英雄が持っている2丁の銃のうちの一丁を分けて欲しいと言います。

おじさんはZQNの定義を話します。
米軍の弁では”ZERO QUALIFIED NUCLEUS”、訳すと「核として無なもの」だそうです。 難解ですね

船にはおじさんの、感染した孫も乗っていました。(エンジンルームに閉じ込めています)
比呂美は、東京へ行ったら半ば感染している比呂美のことを研究し、ワクチンが作れるかもしれないと告げます。

また、比呂美は英雄も感染しているということを英雄に告げます。 元カノに噛まれた時に感染していたようです。比呂美曰く、感染すると「頭の中がいろんな人とつながる感じ」 になるようです。

「浅田くん」の本拠地に乗り込むクルスたち

クルスが率いる「久喜幕府」は、苫米地の指揮で人質を取り、浅田くんたちがいる「サンライズビル」に突入します。 クルスのおかげであっさりと侵入に成功する苫米地たち。

クルスと比呂美

クルスはビルから外を見つめ、「お、お前の望み通りだ・・・ ここが、巣だ。」 「は、早く こ、来いよ あとは お、お前だけだ。」 と言います。

その呼びかけが聞こえた比呂美。
「誰」と、問いかけます。

比呂美は完全にクルスとつながります。
クルスは比呂美に「お、俺たちは お前のものだ」と言います。
それはおそらく、比呂美はZQNを操ることができるということです。

船長の頼みで、感染した孫の様子を見る比呂美

比呂美はエンジンルームにおりて、縛られた孫の様子を見ることになります。

ZQN化した孫の手に触れると、記憶が流れ込んできます。
流れ込んできた記憶から、小田さんにゴミ収集車で轢かれた時、死んで欲しいという気持ちが赤ちゃんのZQNを動かし、自分が小田さんを殺したことを知ります。
比呂美は無意識に自分の腕を噛んでいました。

エンジンルームから出てきた比呂美は、英雄に「小田さんを殺したのは自分だった」と告げます。 近くにはZQNの集合体が見えます。
自分がZQNとリンクしていることを告げた比呂美。
「見てて」と言い、右手をあげると、ZQNの集合体も右手をあげます。

英雄くん さよなら・・・」と言い、ZQNに取り込まれる比呂美

感想

2回ほど読んで、やっと内容が分かってきました。

巻頭で出てきたサグラダファミリアにいた謎の人物も、クルスのような人物なのでしょうか。 クルスっぽい人はみんな服を着ない決まりでもあるんでしょうか?

この19巻では、いろいろな新事実が明らかになりましたが、特に「比呂美がZQNを操れる」ということは大きいと思います。巻末でZQNに自ら取り込まれた比呂美でしたが、おそらく自暴自棄になったというよりは、みんなを助けるためにZQNを操ろうとして取り込まれたのではないでしょうか。

ZQNは本当にどういう存在なのかわからなくなりました。
ゾンビというより、巨大なアメーバのようだと思いました。

そして愛すべき変態「コロリ隊長」
クルス襲撃の時に外出していて、銭湯に寄り、苫米地たちと生活していた「おばちゃん」と会います。痴漢だったりする変態ですが、なかなかまともな考えを持っている人格者な面もあるので、浅田くんたちと一緒に死なないで済んだようで良かったです。

だんだん先の展開が読めなくなってきましたね。
比呂美が取り込まれたのはショックでした。

比呂美はZQNと一体化したままなのでしょうか。
事件が解決したら元の姿に戻ったりするんでしょうか。
まだまだ分からない所だらけなこの漫画。 早く続きが読みたいです。

次の20巻は2016年4月12日発売予定です。
アイアムアヒーロー 20 (ビッグコミックス)

同時に「公式アンソロジーコミック 8TALES OF THE ZQN」と「アイアムアヒーロー THE NOVEL」も発売されるようです。


あっという間に次の発売日ですね!

「映画 アイアムアヒーロー」は2016年4月23日公開決定だそうです。
キャストは英雄役が大泉洋さん、比呂美役が有村架純さん、藪役が長澤まさみさんです。

スポンサーリンク